多摩っ子を育てる地域の輪
トップページ | イベント報告

イベント報告

 どんぐりトトロをつくろう!

11月27日(木)10:00〜12:00 子育て総合センター2階活動室にて提供会員のための交流会が行われました。ファミサポで長年アドバイザーとして活躍していただいた松本名津代さんに講師をお願いして、どんぐりを使ったトトロを作りました。作り手の個性が出て、皆さんはじめは言葉を発することも忘れ夢中で制作していましたが、2個、3個と進むにつれて余裕の会話も出てきました。
1時間ほどで終了し、お茶会では、それぞれの活動に対しての思いを語っていただきました。折り紙、けん玉、お手玉等は子どもの遊びであるばかりでなく、脳の活性化にもとても良いそうで、預かっているお子さんの方が、「さあ、今日はどれにしましょうか?」と、立場が逆になるような場面のお話に笑いが上がりました。


 交流会

全体交流会

11月15日(土)14:30から全体交流会が、パルテノン多摩、第一会議室で催されました。
今回はハッピーメロディのお二人をお迎えしてパネルシアター、バルーンアートの公演を楽しみました。
今年は七五三の行事等と重なり参加者は少なかったのですが、ミドリ君とピンクちゃんの軽快な歌やお話に惹きこまれ、子ども達はもちろん大人の方達も、始めから終わりまで目が釘付けで集中されていました。最後にバルーンでネズミを作り、掛け声とともに空中に飛ばしてお開きとなりました。


 交流会

気になる子の理解と対応

 10月29日(水)、島田療育センター心理判定員の小池晶子先生を講師にお招きして、提供会員のための勉強会を開きました。沢山の提供会員さんが参加され、熱心に学ばれました。
 ダウン症、自閉症の子ども達の特性を、子どもの目線で疑似体験をしてみて初めて子どもの行動が理解できた様に思います。
困っているのは対応する私達大人ではなく、子ども達一人ひとりなのだということを胸に刻んでサポートの方法、対応の仕方を、もう一度考えてみる必要があるようです。 


 勉強会