多摩っ子を育てる地域の輪
トップページ | イベント報告

イベント報告

第26回講習会が終わりました

延べ40名の提供会員、両方会員の方々にご参加いただきました。
「子どもたちの今と子育て支援の必要性」では福川須美先生に、子供は社会の宝、色々な人達の手を借りて子供達は育っていく。そのサポートの輪の中にファミサポは位置している。地域の中に助け合いができる関係作りはとても大切なことだと再認識しました。
「子どもの理解と遊び方」では、阿部幸恵先生に、まずは子供と一緒に遊んで信頼関係を作った上で最低限のルールを教えてあげること。そして物事を無理にやらせるのではなく自発を促すことが必要だというお話でした。またマジックカード作りの実習や、ペットボトル・牛乳パックを使った手作りおもちゃの作り方を沢山教えていただきました。
「子どもの健康について」では、大池ひとみ先生に、提供会員さんは預かったお子さんの様子を普段の状態とどう違うかに注意して接し、いち早く発見することが重要である。その上で、緊急性はあるか、経過観察で良いのかを判断しなくてはいけないというお話をしていただきました。また、活動経験のある提供会員さんからのサポート中の疑問も解消してくださいました。

1月12日(土)
『子どもたちの今と子育て支援の必要性』福川須美先生(駒沢女子短期大学)
1月19日(土)
『子どもの理解と遊び方』阿部幸恵先生(みさと保育所所長)
『子どもの健康について』大池ひとみ先生(ひとみタウンケアクリニック)
1月26日(土)
『普通救命救急講習』多摩消防署
『提供会員の活動について』多摩市ファミリー・サポート・センター


 講習会